営業マンとしてうまくやっていくための7つのコツ

営業として、約20年働いてきました。これまで色々とありましたが、現在は毎日楽しく仕事をしています。仕事に悩んでいる方へ少しでもお役に立てればと思いブログを更新しています。

会社を辞めた理由。2社目。

今回は、転職してはいいけど辞めてしまった2社目について書きます。

1社目については、前回書いた通り、逃げるように辞めたわけですが、辞めたあと、新たに就職しないといけないということで、特にとういう仕事が良いとか、こういう環境が良いとが考えず、何となく就職先を探しました。

本当に何も考えず、働ければいいやという感じでした。

そんな中で内定をもらったのが、ビジネスフォンの販売会社です。

 

ここの仕事は、私には無理でした。

パワハラとかいじめとかがあるわけではないですが、仕事内容は営業で100%新規の飛び込みで、一日70件ほど回っていました。

その当時は、こういうビジネスフォンの営業会社が結構あり、嘘をついて販売したり、適当なことを言って販売している会社もたくさんあったと思います。

(私の働いていた会社は、まだマシなほうでしたが。)

そういう環境なので、回る先でも罵声を浴びせられることもあったり、名刺を破かれることもありました。

 

3か月が試用期間でその間に販売できない人は、このまま続けるのか、会社を辞めるのか部長から問われ、私はもうここでは無理だと思い辞めることになりました。

騙してまで売ることもできないし、だんだんと新規で訪問するのが怖くなってしまい、自分の力のなさを痛感して辞めました。

まぁ昔ながらの足で稼ぐ営業といった感じで、挫折しました。

1社目は、今でも強く思い出として残っていますし、学んだこともたくさんありましが、この2社目は、3か月間ということもあって、特別思い出もないし、特別学んだこともないですね。

ただ、今時こんなやり方をしている会社はないだろうなぁっと思う程度です。

今考えても、この会社を辞めたことは、私自身にとってはよかったと思っています。

会社を辞めた理由。1社目。

自己紹介欄で、私は転職を三回していると書きましたが、今回は1社目を辞めた理由を書こうと思います。

この会社ですが、車の洗車関係のケミカルメーカーで私が入社した当初は30人程度の中小企業でしたが、今では上場しています。

入社した経緯ですが、私が大学4年生の時は、就職活動が非常に厳しく、30社くらい落ちていて、この会社になんとか採用してもらった感じです。

おそらくこの社長と大学が一緒ということも採用のポイントであったのではないかと思います。

ちなみにこの会社で大卒を採用するのは私が最初でした。

入社後は、洗車実務の経験を積むため、洗車ショップで仕事をすることになり、来る日も来る日も洗車ばかりしていました。

店には、マネージャーとチーフとスタッフ、それにアルバイトがおり、全員で8名ほどいたでしょうか。

初めての大卒ということで、やっかみっていうか周りからの圧力は最初から強かったです。まぁ私が、大学でぬるま湯生活を送っていたのもあるかもしれませんが、非常に耐えがたい環境でした。

特にチーフからは目の敵にされ、当時の私は対抗することもできないし、力もなかったので、我慢するしかなかったですね。

そんな中、入社後、約3か月でサブチーフの役職を与えられ(社長の期待を込めてということですが。)、それから一層風当たりが厳しくなりました。

私自身、だんだん内向きになっていくし、そうするとさらにチーフからの当たりが強くなり、何とか1年間頑張りましたが、耐えきれずに会社を辞めることにしました。

また、休みがほとんどなかった(月に1~2日)ということも辞めることに拍車をかけたと思います。

次の就職先も探さず、少しでも早くこの場から逃げ出したいという気持ちで辞めました。

今振り返ってみても我慢が足りなかったとは思いませんが、私自信の力がなかったということは、感じます。

ただ、反省すべき点はないと思っています。

そういう環境で鍛えられるということもあるでしょうが、そういう問題ではないと思います。

今でも辞めたことは後悔していませんが、ただ逃げるように辞めるのは良くなかったと思っています。

辞めるにしてももっと目的意識を持って転職すべきというのは、次の就職先で感じることになります。

 

 

自己紹介

まずは簡単に自己紹介をしたいと思います。

年齢:44歳

性別:男

家族:嫁と子供2人

仕事:法人営業

趣味:釣りと昼寝

学歴:大卒

 

一般的な内容は、こんな感じです。

職務経歴ですが、大学を卒業(23歳 浪人していたので)後、自動車関係のケミカルメーカーに就職しました。洗車関係のケミカルを開発、製造している会社です。

この会社では、洗車をする店のスタッフとして、毎日毎日、車を洗ってばかりいました。コーティング作業もしていましたが、大枠では洗車ということです。

ここで約1年働きましたが、色々と問題があり辞めることになりました。

(色々な問題は、後日、記事をアップします。)

次に就職したのが、ビジネスフォンの販売店の営業です。

100%新規開拓。

これについても後日詳しく書きますが、約3か月で辞めてしまいました。というか用無しという感じで、辞めざる負えない状況でした。

その次に就職したのが、車のケミカルメーカーです。1社目に就職した会社にちょっと似ていますが、この会社は洗車ケミカルだけではなく、車に関わるケミカル全般を製造・販売している会社でした。職種は、営業です。

この会社では、約6年半働きましたが、辞めることにしました。

会社も仕事内容も同僚も好きでしたが、辞める決断を下しました。収入のために。

この時、年齢30歳。ちょうど結婚して、お金が必要になるタイミングだったわけです。

で、最後の転職(最後になるのかどうかは、まだ分かりませんが。)で就職したのが、今、お世話になっている会社で、入社してから13年ほど経過しました。

装置メーカーで営業をしています。

 

マンネリすることなく、向上心を持って仕事に取り組めているので、仕事が合っているのか、会社が合っているのか分かりませんが、良いめぐり合わせがあったのかと思っています。

現在、44歳なので、このままこの会社で働くということであれば、あと約20年間。

今のところ、さらなる転職は考えていないし、また転職するほどのエネルギーもないので、おそらくこのままこの会社で働くことになるでしょう。

 

それでは、これからどうぞよろしくお願い致します。