日々成長するために

思ったこと、感じたことをそのまま綴るブログ

【転職の心構え】転職する上で最も大切な考え方

f:id:suzu20132013:20220319220019j:plain

今の時代、転職をする人も多く、自分のレベルアップやステータスアップのために、転職する方もいらっしゃると思います。一方、今の職場環境、例えば人間関係がうまくいかず、転職を考えられる人も多いとは思います。転職に際して、注意が必要なのは、後者の方で、私も3回転職していますが、2回は後者の理由で転職し失敗しています。

ただ、必ず失敗するこということではなく、どういう心構えで転職するかが転職成功の分かれ道です。

そういうことも含め、これから転職を考えられる方に少しでも役立つことを書ければと思っています。

転職を考える理由

就職した会社で普通に働いていれば、転職ということはあまり考えることはないと思いますが、何かのきっかけで会社を辞めよう、転職しようとなります。

転職の動機としては

・会社でいじめやパワハラを受けており、もう耐えられない

・仕事が何となくつまらない

・肉体的にきつい

・精神的にきつい

・もっとお金がほしい

・もっとやりがいのある仕事がしたい

・仕事ができないため、居場所がなくなった

・力をつけたので、違うステージで頑張ってみたい

などなど、他にもあると思います。

会社を辞めることは悪い事ではない

まず、言いたいのは、「社員には会社を辞める権利がある」ということです。なかなか理由をつけて社員を辞めさせない会社もありますが、あなたには辞める権利があります。これをしっかり理解してほしいですね。

例えば、会社を辞めたい理由が、パワハラやいじめなど精神的にまいってしまった人は、心が弱っているので、「会社を辞める」ということも言えないかもしれません。でも、権利ですから、そこまで追い込まれるようなことがあれば、すぐにでも辞めていいと思います。良い会社は他にいくらでもあります。

転職を成功させるために必要な心構え

転職を決断するにあたって、色々な理由があるとは思いますが、大切なのは、「強い目的意識を持って転職先を探す」ということです。

何となく会社を辞めて、何となく次の会社を決めてしまうと、数年後にまた会社を辞めるということになります。これは限りなく100%に近い確率で。実際、どこの会社に勤めても不平不満はあります。だから目的を持って転職し、それが達成することが唯一最大の目標とし、それ以外は目をつむるという気持ちがなければ、転職を繰り返すことになってしまいます。

私自身もこの目的意識が弱く2回転職には失敗しましたが、この意識を強くもった3回目の転職は、上手くいきましたよ。